Home » 【黄金聖衣の値段調べてみた】『聖闘士星矢』光り輝く「黄金聖衣」が純金だったら…約〇〇億円が戦う様子にヒヤヒヤ?

【黄金聖衣の値段調べてみた】『聖闘士星矢』光り輝く「黄金聖衣」が純金だったら…約〇〇億円が戦う様子にヒヤヒヤ?

by eiga

 皆さんは、「強そうなバトルコスチューム」と聞いてどんな作品のどんなコスチュームを思い浮かべますか?

 筆者は『聖闘士星矢』の“聖衣”を思い浮かべます、身に纏っているだけで強そう! 敵もビビって手を出せない感が漂っているような気がします。加えて、それぞれのキャラクタ-の繰り出す華麗な必殺技はいつ見てもカッコいいですよね。

 『聖闘士星矢』は、その「聖衣(クロス)」と呼ばれる星座の趣向を凝らした鎧や、ギリシア神話をモチーフにした物語が人気を博し、2020年8月時点でシリーズ累計発行部数は3500万部を突破。映画化や舞台化そしてゲ-ム化等もされた大人気シリ-ズです。

 中でも目を引くのは、やはり黄金聖衣(ゴ-ルドクロス)。文字通り金色に輝いており、聖衣の中で特に強力、さらには神話の時代より多少の破損はあれど完全に破壊されたことは現代までなく、絶対零度でないと凍らせることは出来ない、といった設定までついています。

 そんな逸話まで光り輝く黄金聖衣ですが、何でできているのでしょうか? ……もしかして、純金!?

 現在、金相場が高騰しているので、純金だったらスゴイ金額になるんじゃないでしょうか。

 ということで『黄金聖衣が純金だった場合はいくらなのか?』を調べてみました。

純金の「黄金聖衣」の値段を調べてみた!

 まず、黄金聖衣の重さを調べてみると、バンダイが2009年に1/1スケールで「ライブラ童虎」の黄金聖衣を実際に製作されていました。

このモデルは単純に実物大に拡大したのではなく、実際に人間が装着したらどうなるのかという仮定も含めて寸法が決められており、FRP(Fiber Reinforced Plastics:繊維強化プラスチック)素材で成型、各パーツにメッキ処理・塗装を施しているそうです。サイズは、H2200×W1600×D700(mm)で、重さは30kg。

※FRPとは、Fiber-Reinforced Plasticsの略で、ガラス繊維などの繊維と組み合わせることで強度を高くした繊維強化プラスチックの総称です。FRPは航空機や自動車などの乗り物から、ユニットバスなどの住宅設備機器まで幅広く使用されています。代表的なFRPの密度は1.5~1.7g/cm3程度と相対的に小さな値です。

 金の密度は、19.3g/㎤。FRPの密度を平均の1.6g/㎤として計算すると

19.3g/㎤÷1.6g/㎤×30kg=361.875kg
361.875kg×¥6,865/g=¥2,484,271,875
※令和3年4月30日現在 純金の店頭小売価格(税込)¥6,865/g

なんと驚愕の24億8427万1875円!!!

 重さはバラバラでしょうが、この他にも黄金聖衣は11体もあります。もしも黄金聖衣が純金でできているとして、全て揃えばとんでもない金額になりますね……。

 ただ、一着約360kgもあるので、地上で着るのはかなり大変でしょうね。

 戦闘シーンで何十億の聖衣が戦う様子を見ているとまた違った意味でドキドキしますね!

参考文献及び資料
テレビ 【聖闘士星矢】
ウィキペディア 【黄金聖闘士】
田中金属工業【日時金価格推移】
みんなの試作広場minasaku【軽量で強度の高い繊維強化プラスチック(FRP)の基礎的な知識を解説~代表的なFRPの性質・用途、成形法】
GIGAZINE(ギガジン)【ついに1/1実寸大の「ゴールドクロス」が秋葉原で公開開始、これで本物の黄金聖闘士に!】
具体例で学ぶ数学【金、銀、銅の重さについてのまめ知識】

(※画像は聖闘士星矢公式サイトより)

文・内海 健(よしもとライターズアカデミーウエスト)

ywaw_logo_11_ol

よしもとライターズアカデミーウエストは大阪発信のシナリオライターを育成。詳しくはこちらまで! ⇒https://writers.academy.yoshimoto.co.jp/