Home » 海外製エロゲー「Melting Point」体験版レビュー

海外製エロゲー「Melting Point」体験版レビュー

by eiga



                .

目次

基本情報
作品概要

ストーリー
操作方法
システム
エロシーン
本作の魅力
1:表現力にあふれたヒロイン
2:ちょっとエッチなミニゲーム
感想:ヒロインが可愛いことだけは確か
3行でまとめ
リンク

基本情報

作品名 Melting Point
制作者 AstroKean
公開日 2021.5.8
価格
ジャンル アドベンチャー
ボイス あり
タグ  
備考 英語のみ対応

記事概要

「Melting Point」は「Astrokaen」氏が制作中の恋愛アドベンチャーゲームです。

「金属の身体をもつヒロイン」という個性的な設定が特徴的な本作。

しかし、最大の強みは「ヒロインを可愛く見せる手段に富んでいる」点でしょう。

特にボイスとアニメーションに優れており、一度遊べばヒロインの魅力を存分に堪能できます。

エロシーンを含め未実装が目立ちますが、恋愛アドベンチャーとして非常に期待できる作品です。

ストーリー

鍛冶師であるあなたのもとに、空から飛来物が落下してきた。

落下地点には壊れた宇宙船と、金属の身体をもつ女の子が。


鍛冶師としての手腕を発揮し、彼女を治療してみせたあなた。

「ティン」と名付けられた彼女は惑星イーストラムに住んでいたが、イーストラムは惑星アストリーナにいるマグマの種族「ファーナ」との戦争で絶滅寸前だという。

治療ができるあなたに、ティンは「故郷の惑星まで一緒に来てほしい」と懇願する。

協力を決めたあなたのもとに、ファーナの追手が迫っていた・・・。

操作方法

Lキーでバックログを表示します。

それ以外の操作は画面上のボタンをクリック。

システム


基本はヒロインと仲を深める恋愛アドベンチャーとなっています。

会話では正しい選択肢を選び、ヒロインの好感度を高めましょう。

体験版で選択可能な「AFFECTION」「BATTLE」「RECOVERY」コマンドについて解説します。

【AFFCTION】


ヒロインとの会話イベントが発生。

選択肢によってヒロインの好感度が増減します。

しかし現在のところ、好感度が影響するイベントはありません。

会話イベントは4回目まで見れます。

【BATTLE】


コマンド選択式の戦闘ですが、ターン制ではなく行動ゲージが貯まったキャラから行動するスタイルです。

今のところ、技とターゲットを選んで攻撃するだけで成立するシステムで、特殊なルールはありません。

普通にプレイして負けることはありえないので、自由にプレイしましょう。

【RECOVERY】


ヒロインの治療をミニゲームで行います。

クリックのタイミングなどで判定が出るものの、これによるボーナスやペナルティは実装されていません。

仮にすべてミスしても回復するので、操作は適当でもOK。

エロシーン


4回目の会話イベントで、正しい選択肢を選び続けるとエロシーンが発生します。

ただし1枚絵を使用したシーンは未実装のため立ち絵での表現となっており、バリエーションもこのワンシーンのみです。

魅力1:表現力にあふれたヒロイン

特筆すべき点はヒロインのもつ「表現力」でしょう。

動画で見ていただくとわかりやすいです。

表情やポーズの動きに注目。

イラストの切り替えではなく動きをともなっているので、キャラクターがより生き生きと感じられます。

続いて、声優の演技力にも注目。

喜怒哀楽をハッキリ表現しているので、ヒロインの快活な人物像が伝わってきます。

セリフが無い場面でもきっちり演じているので、シーンも盛り上がります。

そのほか、船内で待機中のヒロインと触れ合うことも可能。

決まった反応を返すだけですが、こういう細かい芸も含めた表現が多彩で、ヒロインが強い存在感を放っています。

魅力2:ちょっとエッチなミニゲーム

上記の魅力1で述べたように、ヒロインの魅力を引き出す表現力が本作の強み。

そしてその最たるものが「RECOVERY」のミニゲームです。

顔や身体のモデリングはもちろん、「セリフに合わせた口の動き」まで作り込まれており、力の入れようが段違い。

特に素晴らしいのがこの「セクハラ」への反応。

驚き→怒り→怪訝、という感情の移り変わりが表情によく描かれています。

反応こそワンパターンですが、クオリティが高いため何度も見てしまうコンテンツです。

感想:ヒロインが可愛いことだけは確か


全体的に未完成部分が多く、特に「BATTLE」「RECOVERY」システムはゲーム内における意味を持っていません。

これらがゲーム進行にどう関わるかで面白さが変わってくるので、どのような作品になるかはまだまだ不透明といえます。


一方、恋愛アドベンチャーで最も重要といえる「魅力的なヒロイン」を生み出すことには既に成功していると感じます。

やはり「動いて喋る」というのは強力で、キャラクター性が最大まで引き出されているのでしょう。

どんなゲームに仕上がるかはさておき、ヒロインを可愛いと思える作品になることは間違いなし。

ぜひ一度、実際にプレイして確認していただければと思います。

「面倒だ」という方向けにプレイ動画のリンクもお付けします。

3行でまとめ

動いて喋るヒロインが魅力的

特にミニゲームでのヒロインは一見の価値あり

「ヒロイン可愛い」と思える作品になること間違いなし

リンク

ダウンロード 制作者 その他
DL(itch.io) Twitter  
  Patreon