Home » 「エルローグ」体験版ver0.10 紹介とレビュー

「エルローグ」体験版ver0.10 紹介とレビュー

by eiga



                .

目次

基本情報
作品概要

ストーリー
操作方法
システム
エロシーン
本作の魅力
1:こだわりのステータス画面
2:数々のバッドステータス
感想:エロのポテンシャルが大きな作品
3行でまとめ
リンク

基本情報

作品名 エルローグ
制作者 セツナソフト
公開日 2021.4.29(ver 0.10)
価格
ジャンル ローグライクRPG
ボイス なし
タグ 2時間未満、レイプ、異種姦、露出/羞恥
備考  

記事概要


「エルローグ」はサークル「セツナソフト」が開発中のローグライクRPG。

ver 0.10ながら、ダンジョン1つを丸々遊べるボリュームがあります。

エロに関しては未実装が目立ちますが、それでも十分なエロさを既に備えています。

こだわりのステータス画面やバッドステータスも見応えがあり、今後の開発状況は要チェックです。

ストーリー

ヒロインの「エルミア」は人の言葉を話す動物たちに囲まれ、山で育てられてきた。

山での食事に飽きたエルミアは、おいしい食べ物を求めて山を下りていたところを地割れに巻き込まれてしまう。


洞窟内に閉じ込められたエルは、同じように遭難していた料理人、アリボウに出会う。

脱出には彼の連れているグルメドラゴンにおいしいものを与えて回復させ、出口のガレキを撤去させるしかないらしい。

こうして、おいしい食べ物を求めるエルの冒険が始まった・・・。


操作方法

操作方法はメニューの「図鑑」→「ヘルプ」で確認できます。

その他の操作

F4:画面サイズ変更
F11:全画面化
F12:リセット

システム


ダンジョンで食材を集め、すべての「レシピ」を完成させることがゲームの目的です。

体験版では「洞窟レシピ」を完成させ、脱出するまでが遊べます。

ダンジョンやマップはいわゆるローグライク仕様で、ヒロインと敵が交互に行動するターン制となります。


ローグライク特有の面倒くささは取り除かれており、「装備の耐久値」「敗北時のアイテムロスト」などはありません。

ローグライク経験者はもちろん、未経験者でも問題なくプレイできるでしょう。

その他、本作固有のシステムとして以下の2つがあります。

【正気度(SAN)】


本作はHPが尽きると一時的にダウンしますが、ターン経過で復帰します。

しかし「正気度」が0になると復帰できなくなり、HPが尽きた時点でゲームオーバーです。

正気度はターン経過や絶頂などで減少し、食べ物を使うことで回復します。

【フィート】


いわゆる「永続ステート」です。

ヒロインの睡眠時に取得画面が表示され、条件を満たしたフィートを獲得できます。

エロステータスはもちろん、クエスト達成なども獲得条件となっています。

エロシーン

ダンジョンなどで戦闘中に発生するエロとイベントでのエロ、2種類あります。


まず戦闘中のエロシーン。

戦闘中にダウンするとモンスターに衣服を攻撃され、破損していきます。

さらに一定以上衣服が破損した状態でダウンしていると、一部モンスターはエロ攻撃を仕掛けてきます。

エロ攻撃を受けると快楽が蓄積し、一定値を超えると絶頂。

正気度が減少します。


エロイベントはボスとの戦闘でゲームオーバーになると発生。

そのほかオナニーや出産イベントが実装されています。

街でのエロイベントも予定されており、ダンジョン以外にも様々なシチュエーションが期待できます。

魅力1:こだわりのステータス画面


本作のこだわりと見られるのが、このステータス画面です。

ヒロインの性感や考えが変化していく様子を、数値と獲得フィートで明確に表現。

ヒロイン自身のコメントも付いており、主観的・客観的に描写されています。

ただしver 0.10ではコメントの変化が確認できておらず、この画面が本作のエロにおいてどう機能するかは不透明です。

魅力2:数々のバッドステータス

「スライム寄生」「失禁」「羞恥」など、数々のバッドステータスも本作の魅力でしょう。

エロ関連のステートは、派生も含めれば既に10近く実装済み。

さらに増えることを思えば、今後ますます磨きがかかるはずです。


尿意

孕み

尿道寄生

感想:エロのポテンシャルが大きな作品

ver 0.10ながら、体験版としてかなり完成されていると感じました。

ダンジョンや各種アイテムに加えボス戦まで実装されており、作品の雰囲気は十分つかめるでしょう。


ローグライクとしては簡潔なシステムですが、その分シンプルで遊びやすい仕様もエロゲー向けといえます。

一方で、エロシーンについてはまだまだこれからという印象。

特に「ステータス画面」は未知数な部分が残ります。

3時間以上かけてエロ経験を積ませフィートを獲得させたものの、ステータス画面には変化がありませんでした。


その経験量で「よくわからない」ことはないでしょう

しかし「罠」「モンスターハウス」など、ローグライク特有のギミックを利用したエロ描写は現時点でも大変実用的。

これからモンスターやダンジョンが追加されていくと考えれば、仕上がりが非常に楽しみな作品です。

3行でまとめ

遊びやすさ重視のシンプルなローグライク

エロを盛り上げるギミックやシステム多数

エロさは今後さらに増すと期待

リンク

ダウンロード 制作者 その他
DL(Ci-en) Twitter