Home » 【非エロ】アクションアニメ4本を紹介【第一弾】

【非エロ】アクションアニメ4本を紹介【第一弾】

by eiga



                    .

記事概要

YouTubeなどから、自主制作を中心にアクションアニメ4本を紹介。

海外製も含んでいますが、いずれの動画もセリフはないためアクションシーンに集中できる作品ばかりです。

朱(あか)

制作者 まりやす
公開日 2019.3.6
言語
字幕対応
再生時間 2分40秒

女の子が巨大な化け物と戦う短編アニメ。

ヒロインの表情が変化に富んでいるところが魅力のひとつです。

アニメーションもなめらかで、とくにカメラワークが秀でていると感じます。

Twitter ホームページ 連載

砲弾少女ザゼル

制作者 Aku Maboroshi
公開日 2014.9.1
言語
字幕対応
再生時間 6分47秒

「人間砲弾大会」とよばれる競技がテーマのアニメ。

選手として大会に参加することに憧れていたメカニックの少女・ザゼルが、ひょんなことから競技に出場してしまいます。

2Dと3Dを駆使したアニメーションとなっており、スピード感のある演出が特徴的です。

Twitter Pixiv Instagram
ArtStation    

東方うごメモまとめ

制作者 ねぎとろぅ
公開日 2017.1.8
言語
字幕対応
再生時間 4分7秒

ニンテンドー3DSiのソフトウェア「うごくメモ帳」で制作されたアニメーション。

元々はgif形式で作成された画像をひとつにまとめ、動画化した作品です。

キャラの動き一つひとつが非常に丁寧に描かれており、迫力あるアクションシーンに仕上がっています。

gif(ニコニコ静画) Pixiv

BLOODY BUNNY the first blood

制作者 2:Spot Studio
公開日 2016.6.3
言語
字幕対応
再生時間 10分48秒

タイのコンテンツ制作会社が生み出したオリジナルキャラクターが「Bloody Bunny」です。

可愛いキャラクターとは裏腹に、流血表現ありまくりのバイオレンスな内容。

3Dアニメですが、モデルもアニメーションも非常に綺麗で洗練されています。

ちなみに、日本でも2012年からテレビ番組「MUSIC LAUNCHER」内でコーナーアニメとして放送されていたようです。

こちらは至って平和な内容となります。

また2020年現在、ニンテンドーSwitchにてゲーム化の動きも見られるようで、今後の展開が期待できる作品でもあります。

Facebook 公式ストア 制作会社HP
Twitter(ゲーム制作)