Home » 40年ぶりにマイケル・マイヤーズとあのマスクが出会う時……/映画『ハロウィン』本編映像

40年ぶりにマイケル・マイヤーズとあのマスクが出会う時……/映画『ハロウィン』本編映像

by eiga



40年ぶりに復活したマイケル・マイヤーズことブギーマンの恐怖を描くホラー映画『ハロウィン』本編映像が解禁。序盤、素顔のマイケルに取材記者があのマスクを突きつける衝撃的な展開の映像となっている。

ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺害事件の真相を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ。彼は40年間、一言も話すことなく動機や感情は一切不明。あまりの恐怖に人々は彼を“ブギーマン”と名付けた。事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロードにインタビューするも収穫はなかった。しかし、ローリーは再びマイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるか分からない非常事態に一人備えていたのだ。その予感は最悪の形で現実となる。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走してしまう。娘のカレンはローリーの言うことを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまっている。ローリーは再び街に解き放たれた“ブギーマン”と対峙することを決意。恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まる。

解禁となった映像では、いまや風化され都市伝説となりつつある、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺人事件とその犯人、ブギーマンことマイケル・マイヤーズを調査するジャーナリストのデイナとアーロンが事件以降40年間精神病棟に収監されているというマイケルのもとを訪問する。前作でマイケルの担当医を務めていたルーミス医師の後を継いで、彼の研究を続けるサルテイン医師の案内のもと、ついにマイケルに面会を果たした2人。病衣に身を包み、手足に枷をつけられた素顔のマイケルは40年の時の経過を感じさせる年老いた姿に。それでもなお、巨大な体躯から漂わせる危険な存在感は決して衰えない…。

マイケルに40年前の事件のことを問いかけ始める2人だが、40年間一言も話すことがなかったという彼は、微動だにすることなく訪問者に背中を向けたまま無言を貫く。しびれを切らしたアーロンはカバンからあの事件の日、マイケルが着用したマスクを取り出し、彼に向けて突き出し「感じるかい?」と語り掛けると、わずかな反応が!それに呼応するように周囲の精神病患者たちが騒ぎ始め緊張感は最高潮に!そしてアーロンがマイケルの背中に向けて「何か言え!」と言い放つと、ジョン・カーペンター作曲の一度聴いたら耳から離れないあの不気味なテーマ曲とともに前作と同じタイトルロゴが登場!!『ハロウィン』シリーズファンはもちろん、映画ファン必見の緊迫感あふれる見事なオープニングシークエンスとなっている。

原題:Halloween
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスルほか

『ハロウィン』は4月12日より全国公開となる。

【関連記事・動画】
■ブギーマンと40年の時を経てついにローリーが対決/映画『ハロウィン』本編映像

■40年の時を経てブギーマンと対決するローリー役のジェイミー・リー・カーティスがヤツを語る/映画『ハロウィン』特別映像

■映画『ハロウィン』ジョン・カーペンターが明かす身の毛もよだつ音楽の秘密とは?

#マイケルマイヤーズ#ブギーマン#ハロウィン

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7