Home » 燃えよ剣 第01話[公式]

燃えよ剣 第01話[公式]

by eiga



燃えよ剣 第1話「新選組前夜」
文久二年、江戸に麻疹が流行し、特に小石川あたりはひどかった。そこに在る「天然理心試衛館道場」は、道場主の近藤勇以下、剣士は土方、沖田、井上だけであったが、藤堂、永倉、斉藤、原田、山南ら、いづれも只者とも思われぬ居候が、さながら梁山泊の如く、常にたむろしており、道場出入の通称“裏通り先生”曰く「疫病の方が逃げ出してしまう」程の偉丈夫達であった。だが困った事に数少ない門人達が皆道場通いをやめてしまい、土方は貧困な道場の為に何度も多摩の名主に嫁いでいる姉・お信(鳳八千代)の所へ金策に出掛けるのであった。ある日、信から昔馴染みの佐絵(赤座美代子)が京へ嫁に行くと聞く。その夜佐絵から呼び出され、約束の場に行った土方は待伏せに会う。かつての奉納試合で土方に負けた恨みを持つ甲源一刀流の連中で剣客・七里剣之助(亀石征一郎)を押し立て復讐に来たのであった。危うい所を沖田に救われる土方。文久三年のある日、幕府が浪士を募って将軍護衛の為京へ行くという話を聞きつけた近藤らは清河八郎(御木本伸介)の説明を聞きに出掛け、そこで芹沢鴨(名和宏)一派と運命の出会いをする。近藤は皆の意見を聞き参加を決意。土方は信に、侍になることを告げ、刀を買う金を貰い名刀「之定」を求めて江戸を歩き回るが中々見つからない。ある日、場末の古道具屋の盲目の老人(加藤嘉)から遂に之定を譲り受ける。だが後日、沖田と共に再び訪れると老人は死んでいた。試衛館で江戸最後の夜の酒宴を開いている時、土方は七里と対決し、之定で斬った。江戸の血をつけたまま京へ行く土方であった。

東映が運営する公式YouTubeチャンネル【東映時代劇YouTube】
大人からお子様までどなたでも楽しめる時代劇の名作を無料配信中♪
無料のチャンネル登録はコチラ↓見逃し防止の通知もできます♪
http://www.youtube.com/channel/UCJm60FFiYSH2mJONr6vnV_A?sub_confirmation=1

月曜更新【捕物帖時代劇DAY 】:

水曜更新【レディース時代劇DAY 】:

金曜更新【忍者時代劇DAY 】:

土曜更新【定番時代劇DAY 】:

日曜更新【傑作時代劇DAY 】:映画をはじめとしたプレミアコンテンツを配信♪

据置枠【いつでも視聴可能!】

#時代劇 #新選組 #史実 #燃えよ剣 #東映