Home » NVIDIA 新世代GPU「GeForce RTX 30」日本は高いけど個人輸入なら安い?メリット・デメリット解説【RTX3090 RTX3080 RTX3070】

NVIDIA 新世代GPU「GeForce RTX 30」日本は高いけど個人輸入なら安い?メリット・デメリット解説【RTX3090 RTX3080 RTX3070】

by eiga



NVIDIA 新世代GPU「GeForce RTX 30」価格/発売日/性能が公式発表!まとめ解説【RTX3090 RTX3080 RTX3070】

NVIDIA 新世代GPU「GeForce RTX 30」新機能「8K 360FPS ロード爆速 遅延軽減」まとめ解説【RTX3090 RTX3080 RTX3070】

「そもそもなぜ高い」
北米のグラボ市場は、日本と比べて市場の規模が大きいため、新製品でも安く販売出来ます。
新商品でも店頭販売価格を下げられる。
日本市場に販売されている新製品のグラフィックボードは、国内販売輸入代理店の税が上乗せされています。

「メリット」
送料、「関税+消費税や手数料」などの手数料を含めても安く買うことができる
メーカーにもよるがグローバル保証があるので日本に輸入してもメーカーサポートを受けることができる
日本国内で頼んで届く日にち+3~5日で届くので意外と早い
【訂正】
動画内でわかりづらい表現で説明している部分があったので訂正しておきます。
PCパーツなどを海外で輸入した場合は関税はかかりません。(基本的には)
但し動画内で話している米尼での購入の場合「関税+消費税や手数料」を先に支払う仕組みになっているため一時的に払うことになります。
「関税+消費税や手数料」の内「関税」については約2ヶ月後に返金されます。
もちろん「消費税や手数料」の部分は引かれて返金されるため払った金額全てが返金されるわけではないです。
「一時的に支払わなければならない」「全額(消費税や手数料分は)返金されるわけではないから」
という理由から「
関税」と表現しましたが改めて正確ではないと思ったので訂正です。

※「関税+消費税や手数料」を後払いするシステムも存在しますがすべての商品で使えるわけではないです。

「デメリット」
購入時、サポート時に英語を使うことになる。翻訳使えばなんとかなるが…
米尼から輸入したEVGA製グラボが初期不良や故障をした場合、海外へ発送する必要がある
日本と違って梱包が雑なので初期不良率が日本に比べて高い
そもそも中身が入ってないなどドラブルも過去にはある

【個人的な見解】
この通り基本的にはちゃんとサポートを受けることはできるし安く買うことも可能なので問題はないように思える
ただそもそもこの動画を見に来る初心者ユーザーにはおすすめはできない、トラブル時の対処が知識のない初心者には難しいと思われる。
自作を何度もしている玄人ユーザーが利用するサービスなのかなと思う

■私の使用しているゲーミングデバイス
https://www.geartics.com/BFV_hiro306h

■【再生リスト】ゲーミングPCデバイス関連のお話

【初心者向け】ゲーミングPCの正しい買い方解説講座【PS4から移行する人は必見】https://youtu.be/pC_cekCQbV0

■チャンネル登録
https://www.youtube.com/channel/UCrNxHp8feJBBfQ9QG9Pa8wQ?view_as=subscriber

■Twitter
https://twitter.com/BFV_hiro306h

■いやしんぼリスト
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/57P007KJ2CMD?ref_=wl_share

■自己紹介
PC版「Battlefield1」元日本一の「hiro306h」です。
「BFV/Apex Legends/VALORANT/FGO」など色んなゲームをメインに配信や動画投稿をしています!
ゲーミングパソコン&デバイスの紹介動画も作ってます!見てね!

■PCスペック
【OS】Windows 10 Home 64bit
【CPU】i7-6700k
【CPUクーラー】グランド鎌クロス SCGKC-3000
【SSD】SanDisk Extreme Pro 480GB
【RAM】16GB DDR4-2666(8GB×2) HX426C15FBK2/16
【GPU】ZOTAC GeForce GTX 980 Ti AMP! Omega(6GB)
【マザボ】Z170 MAXIMUS8HERO
【電源】Seasonic Platinum Series 1050 W
【ケース】H440MB-RazerSE

■使用したBGM パステルハウス

■タグ
#ゲーミングPC
#ゲーミングパソコン
#RTX3080
#RTX3090
#RTX3070
#個人輸入