Home » 三宅の目 ライブ版「三宅先生に聞こう!」

三宅の目 ライブ版「三宅先生に聞こう!」

by eiga



隔週で配信している「三宅の目」のスピンオフとして、「三宅の目 ライブ版 三宅先生に聞こう!」を開催いたします。
マーケットや経済動向をできるだけわかりやすく解説した「三宅の目」を更にバージョンアップし、三宅先生が直接皆様からのご質問や疑問にお答えするセミナーです。
ビジネスパーソンのみならず、学生さんや主婦の方など、世代を問わず、テレビや新聞のニュースがもっと身近になり楽しめる、明日の会話が少しレベルアップできるような内容でお届けしてまいります。
「コロナの影響が心配だけど、世界経済は回復できるの?」「米中対立が再び激化している原因は?」など「マーケットや経済に関する質問」を幅広くお寄せください!

講師:経済調査室長・三宅一弘
日本株ストラテジストとして38年間調査業務一筋として一線で活躍、日本経済新聞(日経金融新聞、日経ヴェリタス誌)やインスティチューショナル・インベスター誌などの人気アナリストランキング・ストラテジスト部門において過去20年近く上位(5位以内)を継続しています。現役ストラテジストの中で、最も経験年数の長い第一人者です。

ナビゲーター:パートナー営業部・内藤綾乃

※ひふみマザーファンドの運用状況や投資銘柄に関してはお答えしませんので、ひふみアカデミーをご覧ください。

【ディスクレーマー】
当資料はレオス・キャピタルワークスが作成した参考資料です。投資信託のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
当資料は作成日における信頼できる情報に基づき作成しておりますが、内容の正確性・完全性を保証するものではなく、また記載されている内容は予告なく変更される場合があります。
当資料中のコメント等は、動画投稿時点での当社の見解を示すものであり、市場動向や個別銘柄の将来の動きを保証するものではありません。ならびに、当社が運用する投資信託への組み入れ等をお約束するものではなく、また、金融商品等の売却・購入等の行為の推奨を目的とするものではありません。
投資信託は、預金等や保険契約とは異なり金利や相場等の変動により、元本欠損が生じる可能性があります。預金保険機構、貯金保険機構、および保険契約者保護機構の保護対象ではありませんが、証券会社を通じてご購入いただいた場合は投資者保護基金の保護対象となります。

ひふみ公式サイト https://hifumi.rheos.jp/
投資信託に係るリスク・費用 https://www.rheos.jp/policy/risk/
レオス・キャピタルワークス株式会社 https://www.rheos.jp/
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1151号
一般社団法人投資信託協会会員/一般社団法人日本投資顧問業協会会員