Home » 14才の自分はスクリーンの中で ずっと永遠に生きていく:宮﨑あおい、青山真治監督、斉藤陽一郎「EUREKA」Q&A:前編:第30回 東京国際映画祭