Home » 「意識の考え方」を考える──北大CHAINの挑戦 シンギュラリティサロン@SpringX【SpringX超学校】

「意識の考え方」を考える──北大CHAINの挑戦 シンギュラリティサロン@SpringX【SpringX超学校】

by eiga



シンギュラリティサロン@SpringX
「意識の考え方」を考える──北大CHAINの挑戦
2021年10月30日(土) 13:30-15:30

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人類がついてゆけないほどのスピードで科学技術が猛烈な発展をはじめるときのことを言います。その結果として人間を超越する「超知能」が生まれたとき、人類の歴史はどこへ向かっていくのでしょうか。

「意識」というテーマは長く哲学のなかで論じられてきましたが、1990年代頃からは科学的なアプローチが盛んになり、21世紀に至って百家争鳴の状況が続いています。そのなかで、「意識」の問題そのものの難しさが浮き彫りになり、アプローチの方法自体をあらためて問い直さなければならないという現状があります。
本講義では、「意識」という問題をまず解きほぐした上で、現状見られる様々なアプローチから、どのような展望が描けるのかについて議論します。講演者2名が所属する北海道大学人間知・脳・AI研究教育センター(CHAIN)では、多様な学問と多様なアプローチが組み合わさり、互いに切磋琢磨しながら、刺激的な議論が行われており、その成果の一部も紹介します。

第1部:内部と外部の捻れたループ──意識のイメージを変える 田口 茂氏
まず第一に、「意識」という当たり前すぎて通常は気づかれないものが、どのように明示的に概念化されるに至るのか、について考えます。次いで、意識を「閉じた内面」と考える強固なイメージを相対化したい。意識はカプセルか箱のようなものではなく、「自分を包むもの=外を自分の内に含む」という構造をもちます。F. ヴァレラらはこれを主体と環境の根源的循環性と呼んだ。「意識」について気づき、それについて語れるようになるというのは、こうした循環構造や捻れたループ構造そのものを見ることができるようになる、ということなのではないか? ここではこのようなアイデアを追究してみたい。

第2部:「意識を教える」からエナクティブ・アプローチへ 吉田 正俊氏
今年度、北海道大学の大学院全学共通の講義として「意識の科学入門」を開講しました。そこでは意識の研究を「知覚としての意識」「自己としての意識」「生命・情動としての意識」というアプローチに分けて整理したうえで、それぞれの重要な知見を紹介しながら、受講生に意識研究のこれからあるべき姿を模索してもらうことを目指しました。本講義の概要について紹介しながら、意識の様々な側面がエナクティブ・アプローチによってつなぎ合わせることができること、そしてそれを記述するためにフリストンの自由エネルギー原理が有望であることについて議論します。

第3部:座談会 田口茂氏・吉田 正俊氏+松田 卓也 氏・塚本 昌彦 氏・小林 秀章 氏/ 質疑応答

☆☆☆SpringX今後のプログラム☆☆☆
■超学校
https://kc-i.jp/activity/chogakko/
■対流ポット
https://kc-i.jp/activity/tairyu-pot/

☆☆☆SpringXメンバー登録☆☆☆
https://kc-i.jp/springxform

☆☆☆ナレッジキャピタルWEBサイト☆☆☆
https://kc-i.jp/

☆☆☆ナレッジキャピタル公式SNS☆☆☆
【Facebook】 https://www.facebook.com/knowledgecap…
【Twitter】 https://twitter.com/knowledge_cptl
【Instagram】https://www.instagram.com/knowledgeca…

☆☆☆ナレッジキャピタルメールマガジン☆☆☆
https://kc-i.jp/mailmagazine/