Home » ハイテク技術が時代劇を救う!? 発見に満ちた『スローな武士にしてくれ』

ハイテク技術が時代劇を救う!? 発見に満ちた『スローな武士にしてくれ』

by eiga



#ハイテク技術が時代劇を救う発見に満ちた『スローな武士にしてくれ』
拡大写真 3月23日放送、NHK・BSプレミアム『スローな武士にしてくれ~京都 撮影所ラプソディー~』超ハイテク技術で時代劇撮影に挑んだ大部屋のシゲちゃん(内野聖陽) (C)NHK  NHK・BSプレミアムで23日、ドラマ『スローな武士にしてくれ~京都 撮影所ラプソディー~』(後9:00~10:59)が放送される。360度、全方位ぶれずに撮影できるマシンを使ったワンカット13人斬りをやってみたり、池田屋の階段落ちをワイヤーアクションで演出してみたり…。時代劇を“ハイテク技術”を使って撮影したらどうなるか、その舞台裏を描く。ハイテク技術を使うと、時代劇がより魅力的に、かっこよく見えるという発見に満ちたドラマだ。【場面カット】ドローンを駆使して撮影するシーンにも挑戦 物語は、ある日、京都の歴史ある撮影所に、NHKから「最新鋭の技術を駆使して、池田屋事件をドラマにしたい」という依頼が舞い込むところから始まる。撮影にあたるのは、ハイテクとは無縁の高齢スタッフばかり。新技術の撮影現場に売れっ子俳優を起用すると面倒なことになりかねないと、ということから白羽の矢が立ったのが、切られ役専門の大部屋俳優・シゲちゃんこと村田茂雄(内野聖陽)だった。
https://www.youtube.com/channel/UCBTIMCAw-VMD2jqJk80OI7w?sub_confirmation=1