Home » 【暇だから】ゲームをするだけ  学校であった怖い話 #1

【暇だから】ゲームをするだけ  学校であった怖い話 #1

by eiga



パチンコに行きたいですが、コロナの影響で外出もできず、暇なのでただゲームをするだけの動画です。攻略や小ネタ等紹介する動画ではありませんので、ご了承ください!

[ストーリー]
ある高校の新聞部に所属している主人公は、旧校舎が取り壊されることを記念して企画された「学校の七不思議の特集」のために学校内で語り継がれる「怖い話」の取材を任されることになる。

取材当日の放課後、主人公は新聞部部室に集められた7人の語り手から話を聞く予定だったが、そこにはなぜか6人しかいない。そして、まだ来ない1人を待たず、6人の語り手が語る、学校であった怖い話が始まる

[設定]
高校の新聞部に所属する主人公の高校生が、6人の上級生や同級生から怪談話を取材するというサウンドノベル形式の作品になってます。
シナリオの総数は隠しシナリオを合わせて50以上。また複数の選択肢が存在し、1つのシナリオからも複数のシナリオが派生する事になってます。

[開発]
パンドラボックス
[発売元]
バンプレスト

原作、脚本:飯島建男

分岐用脚本:早川奈津子、山田章代、小島早紀子

#学校であった怖い話#SFC#サウンドノベル