大ヒット!
『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』ブルーレイ&DVD発売!
トピックス
トピックス
イベントレポート
ヨロズマート福岡総本店&豊洲店で「映画の世界を体験だニャン!展」開催中! 
  開催日:2016年12月17日~2017年1月3日・1月6日~9日
ヨロズマート福岡総本店&豊洲店では、実写シーンで実際に使用された衣装やセットを展示した、「映画の世界を体験だニャン!展」を同時開催中。どんなものがあるのかワクワク見に行ってきました!
福岡総本店では、エンマ大王とぬらりひょんの衣装、さらにエンマ大王の椅子、妖怪将棋の台などを展示。山﨑賢人さん、斎藤工さんは、この衣装を着て、あのダンスを踊っていたんですね~。ケータ役の南出くんが「ずっしり重かった」とコメントしていた、撮影用のエンマブレードも必見です。
豊洲店ではケータの部屋に置かれていた机や本棚も。アクリルケースの中は、『ゴロゴロコミック』。表紙もしっかり作りこまれていて、ちょっと読んでみたくなりました。「スペースヒーロー 金造」ってどんな作品だろう!? 
クマ・カンチ・イナホの衣装。近くで見ても、本当にアニメと同じです。カンチのヘッドホンも決まってる~♪ 取材時(映画公開初日)には、舞台挨拶などで使用中ということで、ケータとフミちゃんの衣装は飾られていませんでしたが、今後、撮影用の「妖怪ウォッチドリーム」とともに展示予定とか。楽しみです☆ ※期日は未定です。
「映画の世界を体験だニャン!展」開催期間/2016年12月17日(土)~2017年1月3日(火)・1月6日(金)~9日(月・祝)。 1月6日(金)からは福岡総本店と豊洲店の展示物が一部入れ替わります。2回行くとなお楽しいですよ! 
「映画 妖怪ウォッチ」がダブルでギネス世界記録™達成!! 
  開催日:2016年12月22日
12月22日、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の公開記念イベントとして、「ダブルでギネス世界記録™に挑戦だニャン!」が行われました。
2つのギネス世界記録™を見事ダブル達成したその様子をレポートします!
天野ケータ役の南出凌嘉くん、南海カナミ役の浜辺美波さん、ジバニャン役の小桜エツコさんが登壇。ジバニャンとコアラニャンも来てくれました。
今回挑戦したのは「外科マスクをつけた最多人数(Most people applying surgical masks)」と「同時にぬいぐるみを抱いている人の最多人数(Most people hugging soft toys simultaneously)」の2種類の世界記録。この挑戦のためにたくさんの参加者が集まってくれました!
まず初めに挑戦したのは「外科マスクをつけた最多人数(Most people applying surgical masks)」。ギネス世界記録公式認定員のジャスティン・パターソン氏からルール説明を受けた後、いよいよみんなで世界記録に挑戦です。南出くんと浜辺さんもいっしょにチャレンジ! マスクのつけかたやマスクをかけておく時間などきびしいルールがあるので、みんな失敗しないように真剣な面持ちです。
監視員たちが審議する間は、会場のみんなから南出くんや浜辺さん、ジバニャンへの質問タイム。会場ではたくさんの手があがり、「ジバニャンはなんでチョコボーが好きなの?」「好きな妖怪は?」「撮影中大変だったこと、楽しかったことは?」とさまざまな質問が飛び交いました。南出くんは撮影中大変だったこととして、「エンマブレードが予想以上に重くて、大変だった」と答えてくれました。浜辺さんは「撮影のときに話してくれた南出くんの弟くんの話がおもしろかった」と楽しかったエピソードを話してくれました。
審査の結果、1回目のチャレンジは失敗するも2回目のチャレンジでは見事達成!! 思わず拍手がわき起こりました。次の挑戦は「同時にぬいぐるみを抱いている人の最多人数(Most people hugging soft toys simultaneously)」。こちらもぬいぐるみの抱き方に細かい決まりがありましたが、1回で達成! 「外科マスクをつけた最多人数(Most people applying surgical masks)」では252人、「同時にぬいぐるみを抱いている人の最多人数(Most people hugging soft toys simultaneously)」では257人とどちらも見事ダブル達成を果たしました! 
パターソン氏よりギネス認定証が授与されました。小桜さんもジバニャンからのひとこととして「みんなのおかげで、オレッチたち記録保持者になれたニャン! みんなもこれでギネス仲間ニャンよ!」とコメントしてくれました!
神ってる!『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』初日舞台挨拶
  開催日:2016年12月17日
公開初日をむかえた12/17(土)、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の初日舞台挨拶が行われました。
南出凌嘉くん(天野ケータ役)、浜辺美波さん(南海カナミ役)、山﨑賢人さん(エンマ大王役)、斎藤工さん(ぬらりひょん役)、武井咲さん(木下紗枝役)、遠藤憲一さん(じんめん犬役)、小桜エツコさん(ジバニャン役)と神ってる!超豪華キャスト、製作総指揮/原案/脚本を務めるレベルファイブ・日野晃博さんが登壇。そしてジバニャンとコアラニャンも来てくれました!
2016年「神ってるな」と思ったできごとは?という質問に、南出くんは「たくさんあるんですが、一番はケータくんに選ばれたことです」とコメント。日野さんも「この映画の完成した状態のものを見た時に“神ってる!”と思いました。“奇妙なんだけど新しいもの”ができたという喜びで嬉しかったです」と答えていました。
山﨑さんと斎藤さんは初共演の感想を聞かれ、「斎藤さんはすごくいい声で、(山﨑さん演じる)エンマ大王のそばに渋い感じで居てくれて落ち着きました」と山﨑さんが答え、斎藤さんは「舞台挨拶の説明の時に水を取るタイミングが全く一緒だったんです。これはエンマとぬらりひょんのシンパシーが映画で築けたのかなと思いましたね」とコメント。
また、ダンスシーンについては、山﨑さんが「友だちの前でおどると“妖怪みたいだな”と言われるくらい下手なので、けっこうがんばったと思います」と感想を述べ、どうやって練習したかの質問には「“ワン エンッ、ツー エンッ”みたいなのがわからなくて、“イチ、ニのサン”ってわかりやすいカウントにして教えてもらいました」と答えると会場からは笑いが起こりました。
印象にのこったシーンを聞かれると、浜辺さんは「実写の世界に来たコアラニャンが特にかわいいのでそこがおすすめです」とコメント。コアラニャンは思わず「プキュ―」と大喜びしていました。
武井さんは「やっぱり(遠藤さん演じる)じんめん犬かな…(笑)。衝撃でしたね」と答えると、斎藤さんも「じんめん犬を見たときは鼻から春雨がでるかと思いました(笑)。遠藤さんのエネルギーが圧巻でした」とお二人ともじんめん犬が強く印象に残った様子。
一方、じんめん犬役の遠藤さんは「(山﨑さん・斎藤さん)二人のダンスシーンですね。あれ真顔でおどってたんだよね。真顔でおどっている二人が面白かったです」と答えました。続けて小桜さんも「お二人のダンスシーンを音のない状態で見たときに、この二人は何をやっているんだろうと思って(笑)、でも仕上がったら、かっこよくなっていて良かったです」と答えました。日野さんは、南出くんの演技がアニメのケータくんに似ていたということに触れ、「ケータが驚く時のクセとか、アニメのケータくんを研究してきてくれたんだなと思いました」とコメント。それに対し、南出くんは「妖怪ウォッチが大好きでよく見ていました。今回、ケータくんになれるようにとにかく頑張りました」と答えていました。
自分が妖怪になったらどんな妖怪だと思いますか?という問いには、南出くんは「部屋がちらかってるのと、普通なのと、なんでも食べるのとで“ひもじい”と“ちらかし家来”と“フウ2”がまざったやつになると思います」とスラスラと妖怪の名前を出しながらコメント。斎藤さんは「人見知りがとんでもなくはげしくて、一日誰とも会話しない事があるんですよ。その日のはじめての会話がコンビニの店員さんに『あたためてください』って言うだけで、それを噛むこともあるんです。なので“ひとみしりニャン”ですね」と会場の笑いを誘っていました。同様の質問に山﨑さんが悩んでいると、斎藤さんからは「“壁ドンニャン”とかどうですか?」とアドバイス。
それに対し、山﨑さんが「猫なのに、肉球バンっ!みたいな?“肉球バン”って、いいじゃないですか」と答え、お二人の息の良さが覗えました。
終始、なごやかかつ愉快なやりとりで進んだ初日舞台挨拶。会場には今回はじめて「妖怪ウォッチ」を見たという人もいて、映画をとても楽しんだ様子でした。
『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』完成披露試写会
  開催日:2016年12月4日
『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』12月17日(土)の劇場公開を前に、ひと足早く完成披露試写会が開催されました。会場には、去年も妖怪ウォッチの映画を見たというお友だちがたくさんあつまっており、はじまる前からはやくも大もりあがり。2017年の冬には映画第4弾の公開が決定との発表に、さらに大きな拍手がわきおこりました。
会場のみんなの元気な呼び声でケータくん、つづいてジバニャンとコアラニャンも登場。
ケータくんがコアラニャンの鼻を押すと、クジラの鳴き声が会場じゅうにひびき、“毛穴世界のお友だち”―南出凌嘉くん(天野ケータ役)、浜辺美波さん(南海カナミ役)、武井咲さん(木下紗枝役)、実写パート監督・横井健司監督、ウシロシンジ監督が登壇しました。
出演が決まった時の気持ちと撮影を終えたときの感想を聞かれて……
南出くん:「台本にはっている付せんの数を見た時、すごく多くてがんばらなきゃなと思いました。 シーンが終わるたびに一つ一つ付せんをはがしていくのですが、最後のほうに付せんが少なくなってきて、終わって嬉しいという気持ちもありながら、さびしいという気持ちもありました。(完成した映画を見て)コアラニャンが想像していたよりもかわいすぎました」
浜辺さん:「カナミちゃんもアニメ世界に行くのでキャラクター化していただけることにビックリして、どうなるんだろうと思っていましたが、とてもかわいく描いてくださったのでうれしかったです」
武井さん:「私はどんな妖怪をやるんだろうなと思いました(笑)。アニメと実写の世界を行ったり来たりするというお話だったので、どんな映画になるんだろうと想像もつかなかったのですが、仕上がりを見てみると、本当に自分の町にジバニャンがやって来たような不思議な感覚で、見たこともない映画になっていました。現場では南出くんがすごくうるさくて(笑)、<南出くんの腕についている「妖怪ウォッチ」を差して>これをすごく自慢してきました(笑)」
撮影現場での出演者の方々の様子を聞かれた横井監督は、
「南出くんはほぼひと月、出ずっぱりだったのですが、見事に落ち着きがなかったですね。しかし役どころを理解して実写としてのケータをまじめに演じていました。浜辺さんは空中につられるシーンがあったのですが、怖くて顔が硬直してしまって最初は大変でしたね。武井さんは、紗枝という役を自分なりにのみこんで、すばらしい紗枝を演じていただいたので、助かりました」と答えていました。
またウシロ監督も「僕は普段アニメをつくっていて撮影現場ではいろいろ初めて体験させていただいたのですが、みなさん妖怪ウォッチに愛をもってとりくんでいただいたので、非常にいい感じになっていると思います」とコメント。
妖怪の仕業だと思っていることを聞かれて……、
南出くん:「部屋をちらかす妖怪が住み着いているんじゃないかなと思います」
浜辺さん:「今、おなかが空いていて、かつ丼とたこ焼きととんかつが食べたいです!」
武井さん:「楽しみにしていたアイスがなくなることがあるんです。たぶん家族の妖怪がいるのかな?」

つづいて、現実がアニメの世界になったら、してみたいことは?という質問には……、
南出くん:「アニメだと重い物が軽かったりやることが楽なので、ちゃちゃっと部屋をかたづけるのと、とりついている部屋を散らかす妖怪をおっぱらいたいです」
浜辺さん:「コアラニャンがとってもかわいかったので、コアラニャンにあってみたいなと思います」
武井さん:「空を飛んでみたいですね。そんな不思議なパワーを持ってみたいです」
会場のみんなが「ホゲェ~」と言うと、ステージ上の大きなクジラが観客席に向かって飛び立つというビックリな仕掛けが!
最後に観客席のみんなと武井さん、浜辺さん、南出くん、ジバニャン、コアラニャンがいっしょに記念撮影。
「冬は妖怪ウォッチ!」という元気で大きなかけ声で、大もりあがりの記念撮影になりました。
映画は12月17日(土)公開! お楽しみに!
ZENRYOKU50
  開催日:2016年10月23日
ちゃおサマーフェスティバル2016
  開催日:2016年8月20日
2016年8月20日(土)、「ちゃおサマーフェスティバル2016」で「妖怪ウォッチ ドキドキ♥わくわく★にゃんだふるステージ!!」が開催されました。
まずはジバニャン、コマさん、トムニャン、そしてちゃおガールの加藤結(ゆい)ちゃんと小林ももちゃんが登場!

[⇒動画レポートをみる]
なんと、結ちゃんは“フミちゃん”、ももちゃんは“イナホ”をモチーフにしたコーディネートで登場!
「妖怪ウォッチ」のキャラクターでは、イナホがいちばん好きだというももちゃんは、トレードマークの丸メガネをかけて、ニコニコでした!!
※実は、司会のお姉さんも、ウィスパーをモチーフにした全身白のコーディネートで登壇✩
[⇒動画レポートをみる]
続いて、特別ゲストのキング・クリームソーダのみなさんが登場し、テレビアニメのオープニングテーマ『ゆーがらお友達』を披露。
会場のみんなも振り付けを教えてもらって、ノリノリでダンスダンス!

[⇒動画レポートをみる]
「妖怪ウォッチクイズ」のコーナーでは、キング・クリームソーダのみなさんとちゃおガールがクイズを出題。
会場のみんなは、元気いっぱいに手をあげ、大盛り上がり!
正解者にはジバニャンかコマさんの大きなぬいぐるみがプレゼントされ、満面の笑みでギュッと抱きしめるコも!

[⇒動画レポートをみる]
『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』のプレミアム映像を公開。
実写キャストのコメント映像などまさにプレミアムな内容。
アニメと実写をいったりきたりする大冒険に、会場のみんなも今からワクワクしている様子でした。

[⇒プレミアム映像をみる]

最後にキング・クリームソーダのみなさんが『ゲラゲラポーのうた』と『ようかい体操第一』の映画バージョンを熱唱し、
ステージは大盛況のなか終了しました。

[⇒動画レポートをみる]

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2016