Home » アブドゥルムウミン

アブドゥルムウミン

by eiga



アブドゥルムウミン, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2419260 / CC BY SA 3.0

#ムワッヒド朝の君主
#アルジェリアの歴史
#1094年生
#1163年没
アブドゥルムウミン(アラビア語: عبد المؤمن بن علي もしくは عبد المومن الــكـومي‎, ティフィナグ文字: ⵄⴰⴱⴷ ⵍⵎⵓⵎⵏ ⵍⴳⵓⵎⵉ、1094年? – 1163年12月) は、12世紀に北アフリカで建国されたムワッヒド朝の創始者であり初代アミール。
ベルベル人のザナータ族の出身。
12世紀初頭のモロッコで起きた宗教運動に参加し、北アフリカのモロッコからチュニジアにかけての地域とイベリア半島にまたがる国家を建設した。
彼の時代に、マグリブの政治的統一が達成された。
1094年ごろ、トレムセンと地中海沿岸の中間に位置するネドロマ(en)の陶工の家に生まれる。
若年時は故郷のトレムセンでイスラームの学問を修めた。
1117年ごろにベジャイアに遊学し、ベジャイア近郊のマッラーラでムワッヒド運動の指導者であるイブン・トゥーマルトと対面する。
この時から、彼の門弟として行動を共にするようになった。
このアブドゥルムウミンとトゥーマルトの出会いは、神秘的な伝説によって脚色されている。
トゥーマルトらムワッヒド派は、マーリク学派を公認し、奢侈的な空気が支配するモロッコのムラービト朝を攻撃の対象とした。
ムワッヒド派による批判は神学の分野を超えたものであり、ムラービト朝の宮廷ではトゥーマルトたちを排除する意見も出ていた。
かくしてトゥーマルトはムラービト朝の首都マラケシュを離れてアトラス山脈に移動し、アブドゥルムウミンは彼に付添った。
1122年にムワッヒド派はキクの戦いでムラービト軍に勝利するが、ムラービト朝からの圧力はより強くなり、1123年にティンメルに移動した。
「10人」を意味するアシャラ(ashara)、あるいは「共同体の人々」を意味するアフル・アル・ジャマーア(Ahl al-Djamā’a)の名前で呼ばれる顧問会議の構成員となり、軍の指揮権を委ねられた。
1125年にトゥーマルトが軍隊を編成した時、アブドゥルムウミンが軍の総司令官に選ばれた。
山岳地に潜伏していたムワッヒド派は平原部に押し寄せ、弱体化したムラービト軍を打ち破る。
マラケシュを包囲するが陥落には至らず、アル・ブハイラの戦いでマラケシュ救援に現れた騎兵隊にムワッヒド軍は敗北し、トゥーマルトの後継者と目されていたアル・バシールが戦死する。
アブドゥルムウミンも負傷し、敗残兵を率いてティンメルに退却した。
1130年8月(もしくは1128年)、おそらくはマラケシュ包囲中の負傷が原因でトゥーマルトは没する。
トゥーマルトの指名によってアブドゥルムウミンがムワッヒド派の指導者となるが、おそらくはトゥーマルトが持っていた宗教的な権威とカリスマ性のため、トゥーマルトの死とアブドゥルムウミンの地位の継承は3年の間伏せられていた。
ムラービト軍の主力を構成していたマスムーダ族が権力を巡って各支族同士で争う中、アブドゥルムウミンはそれぞれの支族から支持を獲得していった。
1133年にアブドゥルムウミンは「アミール・アル・ムウミニーン(信徒の司令官、カリフ)」の称号を使用し、アッバース朝のカリフからの独立を宣言する。
ムワッヒド軍はマラケシュ攻略に先立ち、モロッコ各地の都市を順次占領していく包囲作戦を展開した。
包囲にあたり、ムラービト朝のキリスト教徒傭兵の騎兵に対して有利に戦い、鉱物資源とサハラ交易のルートを確保するためにアトラス・リーフの山岳地帯を制圧した。
一方ムラービト朝では1143年にターシュフィーン・イブン・アリーが新たな君主として即位したが、ムラービト朝の根幹をなすベルベル人の支族間で対立が起こり、1145年にはキリスト教傭兵の指導者レベルテルが死亡した。
1145年のトレムセンの戦いでムワッヒド軍は勝利、ターシュフィーン・イブン・アリーを敗死させる。
トレムセンでの勝利で戦局はムワッヒド側に傾き、ムワッヒド軍はフェズ、メクネス、サレを次々に攻略していった。
1146年5月からムワッヒド軍はマラケシュを包囲し、持久戦を展開した。
1147年3月にマラケシュを攻略、ムラービト朝の王族と貴族はムワッヒド軍に殺害される。
マラケシュ攻略後もモロッコ南部と大西洋沿岸部ではベルベル人が蜂起しており、モロッコ全土がムワッヒド派の勢力下に置かれてはいなかった。
蜂起したベルベル人を討伐し、その過程でムワッヒド派内の粛清を行い、数千人の信者が殺害されたといわれる。
トゥーマルトの家族であるアイト・アムガル…