Home » 学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで

学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで

by eiga



学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=3834471 / CC BY SA 3.0

#2017年の書籍
#日本の自伝・回顧録
#引きこもりを題材とした作品
#アニメを題材とした作品
#埼玉県を舞台とした作品
#東京都を舞台とした作品
#2018年のテレビドラマ
#NHK_BSプレミアムのテレビドラマ
#NHKのスペシャルドラマ
#NHK_BSの特別番組
『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』(がっこうへいけなかったわたしが あのはな ここさけ をかくまで)は、脚本家・岡田麿里によるエッセイ的自伝。
文藝春秋より2017年4月12日に刊行された。
アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
』『心が叫びたがってるんだ。
』の脚本を手掛けた著者が、小学生で引きこもりとなってから外の世界に出て脚本家となるまでを綴った著者初の自伝。
2018年9月、NHK BSプレミアムにて、岡田自身の脚本により前田敦子主演で単発の実写ドラマ化され、「特集ドラマ」として放送された(後述)。
日本の連続テレビアニメ作品群の中にあって、主にハイターゲット(青少年 – 成人)のアニメファン向けである深夜アニメの脚本を中心に執筆してきた岡田は、代表作と言われるようになった『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
』(以下「あの花」)を執筆後、長編アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。
』(以下「ここさけ」)の脚本に取り掛かった。
「ここさけ」完成後、彼女の故郷である埼玉県秩父で行われた上映会にて起こったトラブルに遭遇した岡田は自身の過去と原体験(オリジン)に向き合う。
この自伝はそのようなキッカケから、かつて自分は「引きこもり」の少女であったと読者に告白した彼女がいかにして「外の世界」に出、アニメ脚本家となったかを、事実と少々のフィクションも混じえて執筆された。
「特集ドラマ」としてNHK BSプレミアムで2018年9月1日の22時から23時29分に放送された。
主演は前田敦子。
岡田初のテレビドラマ脚本により、「聖地」埼玉県秩父市を中心に1か月間かけて撮影された実写映像とアニメ作品の映像をコラージュした斬新な編集によって制作された。
岡田自身が脚本を執筆するスペシャルドラマ形式で放送。
ドラマ化にするにあたり岡田及び家族や関係する人物は架空の名に置き換わっており、実話を基にしたフィクションとなっている。
他 題名として使われ、テレビドラマ版でも一部映像が使用された2作品。