Home » 【ドラマ】 ・・・検事・霞夕子 森を歩く死体

【ドラマ】 ・・・検事・霞夕子 森を歩く死体

by eiga



【ドラマ】 ・・・検事・霞夕子 森を歩く死体
宗田デンタルクリニックの歯科医師・宗田郁夫(天宮良)が、心臓近辺に鋭利な刃物が刺された状態で見つかった。第一発見者は、妻・恵美(櫻井淳子)だ。警視庁捜査一課警部・占部明日香(神保悟志)が捜査を進めている中、東京地検、霞夕子検事(沢口靖子)が検察事務官・桜木洋一(西村和彦)を伴って鑑識の背後から姿を現す。臨場を好まない検事が多い中、好んで現場に出向く夕子を占部刑事は疎ましげに扱う。
そこへ宗田の従兄弟・長沢章(植草克秀)が入ってくる。偶然にも長沢は夕子の夫の主治医だった。家は荒らされているが鋭利な刃物により一撃で殺害されており、抵抗した傷もないことから、顔見知りの犯行ではないかと夕子は推測する。そこで恵美は郁夫がちょうど事件の1年前に起こした交通事故のことを語り始める。実は郁夫が運転中、突然飛び出してきた少女をひき殺してしまったのである。しかも殺人現場から男性の指紋がひとつだけ見つかった。少女、かえでの父、臼井孝一(池上リョヲマ)の復讐による犯行と誰もが思う中、夕子だけは指紋がひとつだけ見つかったというところに不自然さを感じとり真実を探り続けるのだった。
長沢も臼井は殺人事件を起こせるような人物ではないと否定する。長沢は、一周忌の日、郁夫の代わりに臼井の家にお線香をあげに行ったが留守だったという。依然留守のままという臼井孝一の行方を探っていたところ臼井が遺体で発見され、一気に事件は混迷を深めるのだった…。霞夕子ならではの明晰な推理と血の通った捜査により真相へと近づいていく。